リハビリのご案内


「股関節が痛い」、「股関節が動 かしにくい」と普段当たり前であったことができなくなってしまいます。そのような股関節の障害を治療し、再び快適な生活が送ることができるようにリハビリテーションを実施します。


治療の流れ

まず、医師の診察を受けていただき、診断と治療方針を決定します。
治療方針は大きく分けて、「手術による治療」と「保存的な治療」の2つになります。


手術による治療が必要な方
[手術前のリハビリ]
手術までの間に状態に合わせてリハビリを実施します。手術前からリハビリを実施することで、手術後の回復が早くなります。また、手術や手術後の生活についての不安を取り除き、心身ともに良い状態で手術に臨むことができるよう準備する期間となります。

[入院リハビリ]
当院の入院は4週間と術後の回復に十分な期間を設けています。その間、土・日・祝日関係なく365日、毎日午前と午後の2回リハビリを実施します。「手術後のリハビリは痛い」、「リハビリは辛いもの」と いうイメージをお持ちの方が多いですが、そうではありません。入院から退院後まで長期間にわたり理学療法士によるフォローが可能であるからこそ、術後の大事な時期に無理をせず、負担の少ない入院リハビリが実施できます。リハビリ室では辛い表情の方はほとんどおられず、笑顔が広がっています。


[退院後のリハビリ]
退院後も定期的に外来通院によるリハビリを実施します。股関節障害の場合、長年患っておられる方が多く、手術後の入院期間中に身体の問題の全てが解決するわけではありません。「きれいに歩きたい」、「自由に旅行に行けるようになりたい」などのお一人おひとりの夢を叶えるために、退院後もリハビリの継続が必要です。外来通院にて回復状況の確認と自主トレーニングの再指導などを実施します。
また、退院して自宅に帰ってみると入院生活とは異なり、様々な不安が出てくるものです。自宅での生活状況などを聞かせていただき、不安なく快適な生活が送ることができるようご支援いたします。

手術なしで保存的な治療が必要な方
[保存的リハビリ(保存療法)]
保存的な治療の手段には、保存的リハビリ、薬物療法、体重コントロール、生活指導などがあります。医師と連携し、最適な治療方法を選択することで、将来的に手術しなくても良い状態を目指します。
保存的リハビリ(保存療法)では、多岐にわたるお一人おひとりの症状をしっかりと把握し、その原因を解明することが大切であると考えています。何気ない日常の生活に原因があることもあります。その原因を見つけ、再発のないように対処していきます。
「股関節が痛い」、「股関節に違和感がある」と感じられたら、すぐに受診していただき、理学療法士によるリハビリを受けられることをお勧めいたします。



増原クリニックのリハビリの特徴

専門的な知識と技術と経験
股関節専門クリニックであるため、基本的に患者様は全て股関節疾患を有された方です。股関節疾患の治療に集中して取り組んでいるため、その分、各理学療法士は専門的な知識と技術を有しています。また、股関節疾患の治療経験も豊富です。安心してご相談していただけることと思います。

お一人おひとりの股関節の状態に合わせた治療プログラム
たとえ変形性股関節症と言っても全ての方が同じ症状ではありません。痛みの程度や原因、股関節の変形の程度、脚の長さの違い、姿勢、歩き方など全く同じ方はいないと言っても過言ではありません。よって、画一的な治療方法では、個人にとって最適な治療方法であるとは言えません。
増原クリニックではお一人おひとりの股関節の状態に合わせた治療プログラムをご紹介いたします。

トータルケア(全身調整)
股関節に障害があると、股関節だけでなく他の関節、また姿勢や歩き方など身体全体にまで影響を及ぼします。特に長く患っておられる方は、その影響が大きく、股関節だけのリハビリでは満足な状態にまで回復することは難しいです。
増原クリニックでは、股関節だけでなく全身の状態をトータル(総合的)に考えて治療することで、患者様が快適な生活を送ることができるようにご支援いたします。

長期的なフォロー(ご支援)
一度失われた筋力や柔軟性がすぐに元に戻ることはあり得ません。ですからリハビリは根気良く継続することが大切です。しかし、お一人でリハビリを続けることは、なかなか難しいものです。
リハビリの継続に大切なことは、その必要性を理解していただくことと、定期的なチェックを受けていただくことと考えています。現在の自分の身体の状態を把握していただき、その不調の原因と改善方法を理解できるまで、お時間をかけてご説明いたします。また、定期的に身体の状態をチェックすることで、回復状況と目標の確認をいたします。自主トレーニングについても回復状況に合わせて更新していきます。
つまり、お一人でリハビリを続けるわけではなく、理学療法士との二人三脚により一緒にリハビリを続けていくわけです。

人工股関節手術後の集中的な入院リハビリ
近年、人工股関節手術後の入院期間が短縮される傾向のある中、増原クリニックでは4週間とゆったりとした入院期間となっております。やはり、手術後の入院期間でのリハビリが将来的な回復において大切であり、その入院期間に集中的に理学療法士によるリハビリを受けることで、術後の回復が早くなると考えています。増原クリニックでの入院リハビリは、土・日・祝日関係なく365日、毎日1日2回実施します。これ以上股関節のリハビリに時間をかける施設は世界的にもないと思われます。退院後の生活を考えて、余裕のある状態での退院が可能と考えます。

変形性股関節症の予防、進行防止を目指した保存療法の取り組み
「足の付け根が痛い」、「靴下が履きにくい」、「立ちしゃがみが辛い」などの症状を訴え、整形外科を受診される方は多いです。そこで初めて聞かされる「臼蓋形成不全症」や「変形性股関節症」という病名。先行きがどうなるのか非常に不安を感じられる方が多いと思われます。しかし、物事には全て理由があるものです。現在の症状にも原因があり、その悪い原因を取り除くことで辛い症状も改善する可能性が十分にあります。例え臼蓋形成不全症や変形性股関節症と診断されたからと言っても、股関節の痛みがずっと続くわけではありません。その痛みの原因を解明し、しっかりと対処していくことで、痛みのない快適な生活を取り戻すことができると考えています。
変形性股関節症とは、股関節が変形してしまう病気です。股関節が変形してしまうと両足の長さの差が生じ、姿勢や歩き方の歪みにつながります。
保存療法においては、股関節の痛みを治すだけでなく、股関節が変形していかないように、変形性股関節症の予防と進行防止が非常に重要だと考えています。
当たり前のことが当たり前にできるように、安心して生活が送れるようにご支援いたします。お一人で悩まずに気軽にご相談ください。


増原クリニックblog

増原クリニックblog