外来診療のご案内


股関節専門医としての豊富な経験をもとに診断、お一人おひとりに合わせた個別の治療をいたします。どんな些細なことでもご遠慮なく、気軽にご相談ください。

(完全予約制)


初診(初めての診察)の方へ


1. 当クリニックの診療は完全予約制となっております。
  必ずお電話でご予約の上、来院して下さい。

予約受付:9:00〜17:00(木曜日、日曜日、祝日は除く)
電話番号:06-6358-0200
※担当者から氏名、性別、生年月日、電話番号、症状をお伺いいたします。

2. 診療日当日は、次のものをご用意の上、受付に予約時間の約10分前までお越し下さい。
ご用意いただくもの
健康保険証
各種受給者証(高齢受給者証、後期高齢者受給者証明、障害医療証など)をお持ちの方
他医療機関からの紹介状、レントゲンフイルムやCD-ROMをお持ちの方

※保険証をお忘れの場合は、自費となります。

再診(2回目以降の診察)の方へ


診療日当日は、予約時間の約10分前までに受付で「診察券」と前回診療時にお渡ししました「予約票」を提出して下さい。

保険証の確認


毎月診療の際に保険証(各種受給者証も含む)の確認を行いますので、必ず受付時にご提示下さい。
※保険証・住所等が変更されたときは、速やかにその都度受付へお申し出下さい。

予約日時の変更方法


電話にて予約日時の変更を受け付けますので、変更がある場合は早めの連絡をお願いします。
ご不明な点は受付窓口でお尋ね下さい。

外来のご案内目次


外来診療の10の特徴  介護保険 



外来診療の10の特徴

股関節専門
増原クリニックは股関節疾患専門のクリニックであり、基本的に股関節に不具合をお持ちの方を中心に診療を行っております。

経験豊富な医師
股関節の障害であっても、腰や膝など他の部位に痛みが生じることもあります。股関節専門医としての豊富な経験をもとに的確に診断、治療いたします。ご自分で判断せずに専門医にご相談ください。

担当医は変わらない
外来診療、手術の執刀、入院中の処置など全て院長が執り行います。担当医が次々と変わることはありません。ご安心ください。

長期的にフォロー
保存的な治療や手術後の定期検診の期限はありません。生涯にわたりお付き合いさせていただきます。


完全予約制
外来診療は全て完全予約制です。丁寧に時間をかけて対応いたします。

気軽に相談
もし、急に症状などに変化があった場合、定期検診以外でもご予約いただければ、すぐに診療いたします。どんな些細なことでも気軽にご相談ください。

待ち時間が短い
できるだけ患者さまのお待ちいただく時間が長くならないように診療予約を調整しております。通常、5分〜30分以内にご案内しております。

高い再診率
95%以上の非常に高い再診率となっています。患者さまに満足していただき、信頼していただいている証拠かと思っております。

外来から入院までスムースな流れ
手術室や病棟の看護師が外来診療での看護も兼任しております。外来から入院まで情報が共有され、スムースな流れできめ細やかな看護が可能となっております。

最高のチーム連携
医療はスタッフ間の連携が大切です。医師、看護師、理学療法士、放射線技師、事務員など全てのスタッフが常に連携を取り、丁寧で迅速な対応を実現しております。



介護保険

65歳以上の方(第1号被保険者)で介護が必要とされた場合に、介護サービスが受けられます。
また、40歳から64歳までの医療保険加入の方(第2号被保険者)でも「両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症」等、老化に伴う16疾病により介護が必要な方は、介護保険の申請が可能です。

申請窓口
各市区町村介護保険課

サービス内容
要介護度に応じて、ヘルパー、訪問看護、デイサービス、ショートステイ、福祉用具の購入・レンタル、住宅改修などの介護サービスが利用できます。
原則サービスにかかった費用の1割が利用者負担となります。

福祉用具購入の種類
腰掛便座、特殊尿器、入浴補助用具、簡易浴槽、移動式リフトのつり具部分

福祉用具の利用限度額は10万円(利用者負担1割含む)です。一度の購入で10万円まで使わない場合は、10万円になるまで数度に分けて使うことができます。
利用限度額の管理期間は毎年4月から1年間です。管理期間内で同一品目の福祉用具の購入は原則としてできません。

住宅改修の種類
手すりの取付け
段差の解消
滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
引き戸等への扉の取替え
洋式便器等への便器の取替え
その他前各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

住宅改修の利用限度額は20万円(利用者負担1割含む)です。一度の改修で20万円まで使わない場合は、20万円になるまで数度に分けて使うことができます。転居した場合は再度利用できます。



増原クリニックblog

増原クリニックblog